INVECAS novate
INVECAS fluence
INVECAS spire

INVECASとNetSpeed Systemsが連携し、強力なリファレンス・プラットフォームを構築

INVECASはNetSpeedIPのライセンスを取得し、GLOBALFOUNDRIESの28nmおよび14nmLPPテクノロジーを使用する次世代プラットフォームを提供します。
カリフォルニア州サンノゼ 2015年6月24日— SoC設計を合理化するオンチップネットワークIPのサプライヤーであるNetSpeed Systemsは本日、INVECASにNetSpeedのIPにライセンスを供与し、GLOBALFOUNDRIES 28nmおよび14nmLPPテクノロジーを使用する次世代リファレンス・プラットフォームを開発したことを発表しました。

INVECASは、最先端の半導体プロセス技術を使って新製品を作成する顧客を増加させることに焦点を当てています。 同社は、GLOBALFOUNDRIESに対して社内グローバル設計ソリューションを補完するサービスを提供し、複雑なSoC設計向けのスペックから量産までのソリューションを提供しています。 新しい統合リファレンス・プラットフォームは、GLOBALFOUNDRIESのお客様のために製品を迅速に市場に投入するために必要な機能を提供することを目的としており、標準セル、IO、メモリ、アナログ、複雑なインターフェイスIPソリューションなどのIPの提供を行います。 INVECASは、IPライセンス、設計と検証、およびドライバーを含むシステム・ソフトウェアの開発を含むカスタマイズ・サービスも提供します。

INVECASは、SoCの相互接続設計に新しいレベルの自動化を提供し、システム・レベルのアプローチを通じて市場投入までの時間を大幅に短縮するNetSpeedのオンチップネットワークIPプラットフォームのライセンスを取得しています。 「NetSpeed IPは、市場投入までの時間に驚異的なメリットをもたらす独自の物理NoC IPソリューションです」と、INVECASのCEOであるDasaradha Gudeは述べています。 「NetSpeedのアーキテクチャ合成プラットフォームにより、システム・アーキテクトはリファレンス・プラットフォームをカスタマイズされたアプリケーション固有のSoCに迅速かつ確実に変換することが可能です。」

「INVECASがNetSpeedのテクノロジーを選択したことを光栄に思い、興奮しています」とNetSpeedのCEOであるSundariMitraは述べています。 「そして、エンドカスタマーは、14nmLPPなどの複雑なテクノロジーで製品を迅速に市場に投入できることで大きなメリットが得られることを私たちは確信しています。」

INVECASについて

INVECASは、GLOBALFOUNDRIESの顧客向けに、半導体IP、設計実現、シリコン実現サービスを提供しています。INVECASには、米国とインドに開発センターを持ち600人以上のエンジニアが在籍し、世界トップクラスの高速インターフェース・メモリーIPを設計した実績があります。INVECASの設計チームは最先端のプロセスで数多くのファーストパス・サクセスでの量産立ち上げの実績があります。
詳細については、http://www.invecas.comを参照してください。

NetSpeed Systems, Inc.について。

NetSpeed Systemsは、スケーラブルでコヒーレントなオンチップ・ネットワークIPを、モバイルからハイパフォーマンス・コンピューティングおよびネットワーキングまでの幅広い市場のSoC設計者に提供します。 NetSpeedのオンチップ・ネットワーク・プラットフォームは、システム・レベルのアプローチ、高レベルのユーザー主導の自動化、および最先端のアルゴリズムを通じて、市場投入までの時間を大幅に短縮します。 NetSpeed Systemsは2011年に設立され、半導体およびネットワーク業界の経験豊富なエグゼクティブによって率いられています。 同社はシリコンバレーの一流投資家から資金提供を受けています。 カリフォルニア州サンノゼを拠点とし、アジアに追加の研究開発施設があります。 詳細については、 www.netspeedsystems.comをご覧ください。.